不足分は民間の保険でカバー



不足分は民間の保険でカバー

社会保険は、様々な面から私達の生活を保障します。
疾病、失業、労働災害、高齢化、介護など、
いろいろなリスクに備えることができる、
セーフティネットのひとつです。

社会保険は強制加入です。
条件を満たす居住者は加入することになり、
すべての居住者が保障される制度となっています。
病気や怪我などがあれば医療保険が、
労働時に問題があれば労働保険が、
老後の生活は年金保険が支えてくれます。
ですが、社会保険制度だけで、十分な支給を受けられるかといえば、
そうではない場合があります。

特に自営業者や、無職者などの場合、
国民健康保険の保険料負担が、会社員や公務員と比べて多い、
会社員や公務員のための厚生年金のような制度がない、
また自己負担額が多いなどの懸念があります。

そして会社員が加入する健康保険や、
公務員が加入する共済組合では支給される、
傷病手当金や出産手当金などが受け取れません。
そして雇用保険や労災などの保障もないのです。

国が運営する社会保険制度ではない保険というと、
民間の保険があります。

こちらの保険も、様々なリスクに備え、
もしもの時に支給が受けられるものです。
社会保険だけでは手薄になるところを、民間の保険で補うことで、
より安心して暮らしを送ることができます。

医療保険の補助としては、民間の保険会社の医療保険、
がん保険などがあります。
労働保険の補助には、障害保険や就業不能保険が当たります。
年金保険の補助は、養老保険、個人年金保険、終身保険などがあります。



↑ PAGE TOP