会社員の社会保険



会社員の社会保険

会社員の社会保険会社員の方が加入する社会保険には、
年金保険、医療保険、雇用保険、労災保険
があります。

年金保険の中では、厚生年金に加入することになります。
年金制度では、すべての国民が国民年金に加入するため、
企業の厚生年金に加入する会社員は、
国民年金に加えて厚生年金の保障が受けられます。
さらに一部企業には、厚生年金基金というものもあります。
保険料は、年収の一定割合を、会社と会社員とで
半額ずつ支払うことになります。

医療保険の中でも、会社員は健康保険に加入します。
民間企業に勤務する会社員とその家族が対象となります。
組合管掌健康保険か、全国健康保険協会管掌健康保険の
どちらかに加入することになります。
業務外での病気や怪我のための療養費が給付される他、
出産手当金や傷病手当金があります。
健康保険の保険料も厚生年金保険料と同じく、
会社と会社員本人が半額ずつ負担します。

雇用保険は、原則としてすべての被用者が加入します。
よって、会社員も対象となります。
雇用保険は、失業手当や再就職の支援、
高齢労働者の雇用促進、職業訓練費などに支給されます。
この保険料は、会社と会社員の方、両者による負担になります。

労災保険は、原則としてすべての雇用者が加入します。
会社員は事業者が加入した労災保険の対象となります。
業務中や通勤時の病気、怪我療養のための給付が行われます。
保険料は事業主の負担となり、
被用者である会社員の方が負担することはありません。



↑ PAGE TOP